レーシックとは

レーシック(LASIK)は、高精度の医療用エキシマレーザーを角膜に照射し、
屈折を矯正することで視力を回復させるという画期的な眼科手術である。
これにより角膜や水晶体の屈折異常によって起こる近視や乱視・遠視を治療
することができる。
レーシックが優れている点は、フラップ(角膜に作るフタ状の部分)を作成する
ことにより、角膜の表層部を温存できる点にある。これによって、従来の
屈折矯正手術と比較し、レーシックは安全性と手術後の回復力が飛躍的に高まった。

そもそもレーシックとは、エキシマレーザーによって角膜の表面形状を変化させ
近視や乱視を矯正する方法である。
レーシックが開発されて既に10年以上が経過しその安全性、確実性、長期
経過等が
確認されている。レーシックはかつての近視手術のように不確実な効果をもたらす
ものではなく、従来の手術とは比較にならない程安全かつ正確に近視を治すことができる。
日本でも毎年6万件以上レーシック手術が行われ、手術を受ける人は年々増加傾向にある。
レーシックの安全性に関して議論していた時代はすでに過去のものとなり、
メガネ、
コンタクトレンズ、レーザー治療のなかから自分にあった矯正方法を選ぶ時代になっている。

◇レーシック手術の一連の流れ
・麻酔
 点眼剤で麻酔をし、目を洗浄。
・フラップを作る
 マイクロケラトームという機械を使い、角膜の表層にフラップを作る。フラップとは、
 角膜のフタのようなもので、このフタの内側の角膜にレーザーを当てて、角膜の形を
 修正。
・レーザーを照射
 レーザーで角膜の形を修正。最新のレーザー装置にはアイトラッカーという
 機能がついており、
 手術中に目が動いたとしてもコンピューター制御によって正しい位置にレーザーの
 位置が修正される。
・フラップを戻す
 レーザーを当てる時間はだいたい数十秒程度。
 角膜の修正が終わったら、フラップを元の位置に戻す。
・洗浄
 最後に目を洗浄。

ここまでの所要時間は15〜20分。入院の必要なども不要なので、手術を受けた
その日に帰宅可能。角膜は自然な作用(角膜内皮作用)で自然に接着していく。

◇レーシックの手術費用は医院(クリニック)によって異なるが、平均的な
料金として片目で約18万円から、両目ですと約36万円程度。片目だけでも
両目でも手術が可能。
注意点としては、現状レーシック手術は健康保険適用外となっている。生命保険や
医療保険に加入している方は、上記の料金よりも安く手術を受けられる場合が
あるので、保険会社に直接問い合わせて確認することが望ましい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。